思わず発見 普通自動車免許で乗れるバイク!?二輪でも四輪でもない、気軽に乗れる三輪車の魅力
  • 思わず発見
  • 2016.09.28

普通自動車免許で乗れるバイク!?二輪でも四輪でもない、気軽に乗れる三輪車の魅力

shutterstock_86120833_fotor

突然ですが皆さん、街中で“三輪バイク”を見たことはありませんか?

バイクのような見た目ながらもタイヤは三輪。たまにヘルメットを装着せずに走行している人も見かけます……「あれ、ヘルメットかぶらなくていいの?」と首を傾げた人も多いのでは。そもそも三輪バイクに乗るにはどんな免許が必要なのか。普通自動車免許?それとも自動二輪車免許?謎だらけ。

最近では、2014年に発売されたヤマハのトリシティで三輪バイクが注目を浴びましたね。今回は、そんなじわじわと人気を集めつつある三輪バイクについてご紹介します。

〜三輪の歴史〜三輪自動車なくして日本の戦後の経済発展は成しえなかった!

pixta_560694_m

はじめに、三輪の乗り物がなぜ生まれたのか、その歴史について触れておきましょう。

三輪車が発展したのは1900年代はじめのこと。当時のヨーロッパは石畳が多く、この道路事情が三輪車の発展に大きく関係しています。

石畳は、コンクリートで整備されている道路よりも路面が滑りやすく、加えて轍(わだち/車が通った軌跡のこと)でタイヤをとられやすいといった危険性があります。

また、路面電車の線路が張り巡らされている街も多く、その線路でタイヤをとられてしまう事故が頻繁に起きていました。こうした道路事情から、二輪よりも安定して走行することができる三輪車が発展したそうです。

そして、日本においても三輪車はなくてはならない存在でした。

三輪車の特徴は、四輪車よりも値段が安く、小回りがききながら適度な量の荷物を運べること。戦後、経済が成長の兆しを見せる中、日本の狭い道路事情に対して、三輪車を使う業者が増加。 1960年前後を舞台とした映画『ALWAYS三丁目の夕日』でも業者の車として三輪車が登場しました。このことからも当時、三輪車がいかに活躍していたかが伺えますね。

ヘルメットはかぶらなくてもいいの?構造によって免許証が変わる三輪バイクの分類

menkyo 三輪車は大きく「特定二輪車」と「トライク」の二つのタイプに分けることができます。この2つのどちらに乗るかによって必要な免許の種類が異なります。 分類の基準は、「車輪および車体の一部、または全部を傾けて曲がる構造かどうか」ということ。これに当てはまるのが特定二輪車、当てはまらないのがトライクです。 まず特定二輪車とは、2009年に道路交通法が改正され、新しく生まれた区分。

改正される前までは、三輪車なら全て普通自動車免許で運転することができました。普通免許で運転できたのは、前が一輪、後ろが二輪の三輪車は、車体を倒さずに運転できたためです。

しかし、前が二輪、後ろが一輪の二輪型自動車「特定二輪車」は、構造上、二輪車と同じように車体を倒して曲がることが可能となり、こちらは二輪車に区分されることになったのです。

したがって、50cc以上の特定二輪車は、その排気量に応じた二輪免許が必要となり、ヘルメットの着用も義務付けられています。

この特定二輪車以外の三輪車が「トライク」として区分されます。これは、車体を倒すことなく曲がることができる三輪車であり、自動車と同じ扱いになるので、普通免許で運転することができます。

街でたまに見かけるヘルメットを被らないで乗っている三輪車は、トライクになります。ただし、安全面においてヘルメットは着用した方が良いです。

ちなみに、三輪車の要件には、“車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること”というものもあります。たとえばサイドカーは三輪ですが、左右対称ではないため三輪車としては区分されません。

よって、サイドカーを運転する場合は、二輪車の免許が必要になります。

クルマでは味わえない三輪バイク「トライク」の魅力

tryc
出典(http:trike.blog.shinobi.jpPage2

トライクなら、普通免許を持っていれば誰でも乗ることができます。二輪免許を取らなくても、気軽にバイク気分を味わえるのです。

クルマの運転に慣れている人にとって嬉しいのは、その抜群の安定感。見た目はバイクですが、まるで車に乗っているかのような感覚で走ることができます。

運転も車と同じようにハンドルをきって曲がるので、初めてトライクに乗る方でもそれほど違和感を感じることなく楽しめると思います。

ただトライクは決して安くはありません。新車だと約100万円程度とお高め…… 購入はできないけど、一度は乗ってみたい!バイク感覚で海沿いを走ってみたい!

そんな人におすすめなのが、トライクのレンタル。たとえば、神奈川県のあるレンタルショップでは3時間でおよそ4,000円でレンタル可能です。

湘南のきれいな海を横目に見ながら、バイクに乗っているかのように風を感じて走る。トライクならではの魅力ですね!

クルマの免許で乗れるトライクをお試しあれ

バイクに興味があっても「スピードが出ているときに曲がるために車体を傾けるあの動作はちょっと怖いな」と感じる人も多いのでは。

しかし、安定感のあるトライクならば、きっと、その不安を感じることなく楽しめるはず。トライクだからこそ見える景色や刺激もあるので、一度乗ってみてはいかがですか?

最新記事

人気記事