思わず発見 雪道の運転も安心。タイヤチェーンの種類から付け方まで徹底解説!
  • 思わず発見
  • 2018.12.18

雪道の運転も安心。タイヤチェーンの種類から付け方まで徹底解説!

shutterstock_204034669

冬になると心配になるのが雪道の運転。雪が降る地域以外の人でも、スキー・スノボや旅行、帰省などで、雪道や凍結した路面を運転する機会があるかもしれません。そんなときに必要になるアイテムが「タイヤチェーン」です。

近年ではスタッドレスタイヤが普及していますが、状況に応じてノーマルタイヤにタイヤチェーンを付けたり、スタッドレスタイヤでも深い雪の中を走るためにタイヤチェーンが必要になったりする場合があります。また、道路によってはタイヤチェーンの装着が義務化される可能性も。

そこで今回は、タイヤチェーンの必要性や種類、付け方を解説していきます。急な積雪や雪国での運転にも対応できるように、タイヤチェーンについて理解し、しっかりと備えをしておきましょう。

タイヤチェーンの必要性。スタッドレスタイヤとの違いは?

shutterstock_413782696

「タイヤチェーン」は、雪道や凍結した路面を走行する際にタイヤに装着する滑り止め器具のことです。

積雪・凍結のある道がスリップしやすいことは言うまでもなく、タイヤチェーンは冬場の運転に欠かせないアイテムとなります。実際に使用したことがなくても、バスなどの車両がタイヤチェーンを付けて走っているのを見たことがある人もいるかもしれません。

乾燥した路面と比べると、冬場の道路は

圧雪路面:3.2倍
凍結路面:5.4倍
つるつるの凍結路面:8.0倍

滑りやすいと言われます。そういった道を安全に走るためには、速度やハンドル・ブレーキ・アクセル操作まで注意を払うことはもとより、タイヤのグリップ性能を上げてくれるタイヤチェーンをしっかり装着することが重要です。

スタッドレスタイヤではダメなの?

タイヤチェーンと並んで雪道の対策として挙げられるのが「スタッドレスタイヤ」です。スタッドレスタイヤは低温でも硬くなりにくいゴムが使用されており、タイヤ表面の凹凸で抵抗を増やしたり氷を引っかいたりすることで、駆動・制動の効果を高めています。

スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤより圧倒的に雪道や凍結路面でのグリップ性能に優れます。さらに、タイヤチェーンのようにこまめに着脱する必要がなく、走行時の振動・音が静かであることも大きな利点。ある程度の雪道であれば、スタッドレスタイヤだけでも十分に走行できるでしょう。

しかし、雪道の走破性はタイヤチェーンには敵いません。雪の多い場所や、凍結した上に雪が積もった場所などではタイヤチェーンが必要になります。また、スタッドレスタイヤであっても、タイヤチェーンの装着が必須となる「チェーン装着車以外通行止め」というチェーン規制が敷かれる可能性もあるため、注意が必要です。

2018年12月からは、大雪による大規模な立往生を防ぐため、国土交通省によって、全国13区間の国道・高速道路で大雪時のタイヤチェーン装着を義務化する見通しとなっています。(2018/12/13現在)

このように、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンにはそれぞれメリット・デメリットがあります。そのため、タイヤチェーン装着義務化となる道路はもちろん、雪の多い地域、寒冷地でクルマを運転する際はタイヤチェーンを携行し、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

タイヤチェーンの種類

pixta_9615203_M

一般的にタイヤチェーンには、大きく分けて「金属タイヤチェーン」「非金属タイヤチェーン」の2種類があります。それぞれ適性が異なりますので、使う機会や走る場所、予算に合わせて選びましょう。

※一般的に言われる特徴です。製品や使用するタイミングによって異なる場合があります。

■金属タイヤチェーン

「金属タイヤチェーン」は、昔ながらの金属の鎖でできたタイヤチェーンです。比較的低価格でありながら、凍った路面から深い雪までしっかり対応でき、コンパクトに収納できます。

しかし、走行時の振動・音は大きく、乾燥した路面で使用すると路面を傷めたり、切れやすかったりといった弱点があります。また、削れたり融雪剤などで錆びたりするため、きちんとしたメンテナンスが必要です。

金属タイヤチェーンにはさらに「はしご型」と「亀甲型」という形状の異なる2つのタイプがあります。はしご型は前後方向のグリップには優れますが、横方向の滑りには弱いのが特徴。亀甲型は横方向の滑りにも強く、雪道・凍結路ともに高い性能を発揮します。

こういった性質から金属タイヤチェーンは、たまにしか使用しない場合や、スタッドレスタイヤに加えてタイヤチェーンが必要となる場合などに活用するのがおすすめです。

■非金属タイヤチェーン

「非金属タイヤチェーン」は、ウレタンやゴムなどの素材でできています。取り付けしやすいものが多く、乗り心地も比較的良好です。金属タイヤチェーンよりも走行速度が速く、乾いた路面で使用しても切れにくい、というのも使いやすいポイント。

深い雪の中での駆動力は金属タイヤチェーンに及ばないものの、浅い雪や凍った路面でバランス良く性能を発揮します。一方、やや高価であることや、折りたたみづらく収納性が低いことなどが弱点とされます。

非金属タイヤチェーンにはさまざまな形状のものがあり、用途に応じて選ぶことが可能です。冬期の必要なタイミングのみノーマルタイヤに装着する、といった使い方に適しています。

いざというときに役立つ「布製タイヤチェーン」も

最近では、「布製タイヤチェーン」(布製タイヤカバー)というものも販売されています。軽量・コンパクトで着脱しやすい簡易的なタイヤチェーンです。金属タイヤチェーン・非金属タイヤチェーンのような高い性能は持たないものの、乗り心地に優れ、何より便利な製品として注目されています。

ただし布製タイヤチェーンは、チェーン規制に対応できない可能性があります。あくまでも緊急脱出用や念のための備えとして用意しておくのがよさそうです。

練習しておこう!タイヤチェーンの付け方

shutterstock_115065880

雪道でも安全に運転するために欠かせないタイヤチェーン。購入して満足せず、必要な場面できちんと使えるように取り付け方を覚えておきましょう。ここでは、一般的なはしご型の金属タイヤチェーンを装着する手順を説明します。

準備

タイヤチェーンを装着する前に必ず確認すべきことは、クルマの駆動輪(前輪・後輪どちらでクルマを走らせるか)です。

当然、タイヤチェーンは動力を地面に伝える駆動輪に取り付ける必要があります。前輪駆動なら前のタイヤ、後輪駆動なら後ろのタイヤ。四輪駆動(4WD)の場合は、構造の基本となっている駆動方式に合わせて前後どちらかに装着します。自分のクルマはどちらにタイヤチェーンを付ければよいのか、取扱説明書などでチェックしておきましょう。

タイヤチェーンについても、取り付ける前に再度確認しておく必要があります。タイヤのサイズに合っているか、破損・錆などの問題がないかを事前にチェックしておきましょう。また、車種によって適さないタイヤチェーンがある場合も考えられますので、新たに購入する際は注意してください。

1. タイヤチェーンの向きを確認する

タイヤチェーンには裏表、内側・外側といった向きがあります。向きを間違えるとタイヤがパンクする原因になる可能性もあるので注意しましょう。

2. タイヤチェーンをかぶせる

タイヤの上にタイヤチェーンをかぶせます。前輪駆動の場合、右タイヤに取り付ける時は右に、左タイヤに取り付けるときは左にハンドルを切って作業します。

3. 内側・外側のフックを留める

タイヤの裏に腕を回して内側のフックを留め、タイヤチェーンをつなげます。同じく外側もフックを留め、タイヤにタイヤチェーンを装着します。なるべくタイヤチェーンを引っ張り、全体のバランスが整うように取り付けましょう。

4. チェーンバンドをかける

チェーンバンド(ゴムバンド)をかけます。金具の連結部を起点として対角線にバンドをフックにかけていき、タイヤチェーンを均一な張り具合にするのがポイントです。

最終確認

これで取り付けは完了。しばらく走行し、タイヤチェーンの張り具合やズレがないかを確認しましょう。

▼JAFが教えるタイヤチェーンの付け方

タイヤチェーンを付けて雪道も安全運転!

冬場の運転では、タイヤチェーンが必要になる場面が少なくありません。タイヤチェーンはスタッドレスタイヤとは異なる役割を持ちますので、違いをしっかりと理解し、状況に応じて使用することが大切です。

雪道や凍結した道路では、細心の注意とともに相応の備えが不可欠。そういった道路を運転する可能性が少しでもある人は、タイヤチェーンを用意し、いざというときに困らないように使い方を覚えておきましょう。

*記載している内容は取材時のものです。

最新記事

人気記事