思わず発見 普通免許で運転できてレンタル可!旅好きに勧めたいキャンピングカーの魅力
  • 思わず発見
  • 2017.03.14

普通免許で運転できてレンタル可!旅好きに勧めたいキャンピングカーの魅力

3

アウトドアが好きなら一度はあこがれるキャンピングカー。なかなか乗る機会がないので、その魅力を知らない人も多いはず。そこで今回は、知られざるキャンピングカーの魅力を紹介します。

お気に入りの1台で旅に出かけたら、きっと楽しさは倍増するはず。ぜひ参考にしてみてください。

旅を快適にする!キャンピングカーの6つの魅力

shutterstock_573801787

①急にトイレに行きたくなっても安心

「もう間に合わない…」。運転中にトイレに行きたくても行けず、つらい思いをした経験はありませんか?特に高速道路の大渋滞のさなかトイレに行きたくなったらもう絶望的です。

また、一般道を走っていても郊外や山道になると、なかなかトイレに出合えないことも。そんな時でも、トイレが備え付いているキャンピングカーなら安心。車両後部に行けばすぐに用を足すことができます。

②料理ができる

たとえば道の駅でとれたて野菜を買ったとき、旅先の海で魚を釣ったとき、その場で料理したいと思ったことはありませんか?キッチンがついているキャンピングカーであれば、すぐに調理できるので、とれたての味がその場で堪能できます。

③シャワーで汗を洗い流すことができる

旅先でたくさん遊んだら、汗をかきます。特に海水浴では、体はベタベタに。そうなればいち早くシャワーを浴びたいですよね。

こんな問題もキャンピングカーなら解決することができます。サイズやタイプによってはついていないものもありますが、車内にシャワーがあるとより快適なキャンプライフを過ごすことができるでしょう。

④疲れたらいつでも横になることができる

楽しいドライブとはいえ長時間の運転は疲労がたまります。乗用車もシートを倒して楽になることができますが、それではゆっくり休むことはできません。

しかしキャンピングカーであれば、ベッドやソファーが積んであるので、いつでもゆっくり体を伸ばして横になって休むことができます。

⑤好きな場所に宿泊することができる

旅行は通常、ホテルなどに泊まります。温泉宿ならばそれも楽しみのひとつですが、車中泊もなかなかおつなもの。キャンピングカーならでは楽しみ方があります。

たとえば静かな湖畔や星がきれいに見える丘の上など、キャンピングカーなら宿泊する場所を選びません。

⑥人の輪を広げることができる

魅力がつまったキャンピングカーですが、一般的な乗用車と比べるとユーザーは少ないです。

そのため、キャンピングカーのオーナーが集うコミュニティがあるなど、旅先で会えば仲良くなりやすいのもキャンピングカーの魅力のひとつ。お互いにキャンピングカーを自慢したり、おもしろいおすすめスポットや、困ったときの対処法など、さまざまな情報を共有することができるでしょう。

普通免許で運転できる!意外と身近なキャンピングカー

2

キャンピングカーを運転するには特別な免許が必要になると思われがちです。確かに、大型のものは普通免許では運転できませんが、普通免許でも運転できるキャンピングカーもあります。

総重量・最大積載量・定員によって免許の種類が変わりますが、日本で販売されているキャンピングカーは普通免許で運転できるものが中心。具体的には、以下のような種類のキャンピングカーがあります。

〇バンコン(バン・コンバージョン)

AKINDOAUTOさん(@akindoauto)が投稿した写真


バンやワゴンなど、ワンボックスカーをベースとしたキャンピングカーです。国内の狭い道でも運転しやすいため、国内ではもっとも多いタイプ。運転も比較的しやすいため、自家用車として兼用する人もいます。普通免許で運転することができます。

〇キャブコン(キャブ・コンバージョン)

いずみさん(@izumin11328)が投稿した写真


トラックのシャシーをベースに架装したもの。キャンピングカーとしてはバンコンと並ぶ、人気のタイプです。トラックを改装していますが、意外にもこちらも普通免許で運転することができます。

〇バスコン(バス・コンバージョン)

マイクロバスをベースにしたキャンピングカーで、サイズも大きめです。バスは定員が11人以上で、本来なら中型免許が必要となるのですが、バスコンは乗車定員が10人以下なので、普通免許で運転することができます。

〇フルコン(フル・コンバージョン)

専用のシャシーに居住空間となるキャビンをつけたもの。日本では生産しているメーカーが少なく、欧米メーカーから輸入する場合が多いです。大型のものとなれば、最大積載量の規定をオーバーすることがあるので、普通免許では運転できない場合があります。

こう見てみると、キャンピングカーは意外と敷居が高くないことがわかるかと思います。運転するにあたり、新たに免許を取り直す必要はないのです。

1日からOK!キャンピングカーレンタルのすすめ

キャンピングカーを手軽に使うには、レンタルがおすすめです。ここで、キャンピングカーをレンタルできる店舗を紹介します。

〇東京キャンピングカーレンタルセンター


都心にあるキャンピングカーをレンタルしている店舗です。1日1万7000円からレンタルが可能。24時間単位での貸し出しなので、ちょっと試してみたい方には最適です。

営業時間:9:00~21:00
所在地:恵比寿・川崎・川口

〇レンタルキャンピングカーネット

また、こちらのサイトでは全国のキャンピングカーレンタルを行っている店舗を検索することができます。

これなら旅行先で借りることも簡単です。もちろん普通免許で運転できるキャンピングカーが多数。目的地にレンタルできる店舗があるか照会してみてください。
http://www.rental-camper.jp/faq.html

キャンピングカーで、自由な遊びをしよう

1
山へ行ったり、海へ行ったり。好きな時に好きな場所へ行き、1台あれば、遊びの幅がグッと広がるのがキャンピングカーです。アウトドアが大好きな人にとっては、いつかは乗って旅行に出かけたい、あこがれのクルマです。

キャンピングカーイベントや、販売店に行けば、手軽にさまざまなタイプのクルマが一度に見ることができます。どのサイズにどれくらいの機能がついているのか、間取りはどれくらいなのかを知れば、よりキャンピングカーを欲しくなるはず。

一度足を運び、実際に目で見てその魅力を確かめてみてはいかがでしょうか。

最新記事

人気記事