みんなで行こう 今年はどこに参戦する?アツい夏を盛り上げる野外フェスまとめ【2017年版】
  • みんなで行こう
  • 2017.07.04

今年はどこに参戦する?アツい夏を盛り上げる野外フェスまとめ【2017年版】

shutterstock_652610716

もうすぐ夏休み。気温もテンションも上昇していきますが、夏の音楽イベントといえばやはり「野外フェス」。照りつける太陽とファンたちの熱気に負けない、アツいアーティストたちが一堂に会するイベントとして毎年人気を博しています。

野外フェスでは音楽を楽しめることはもちろんのこと、食欲をそそるグルメやキャンプなどのアウトドア、限定グッズなどにも出合えます。友人や恋人とクルマで会場へ向かう道のりもまた一興。

今年もフェスに参戦して夏を謳歌するべく、2017年に開催されるおすすめ野外フェス情報をまとめました。ぜひたくさんの思い出を作ってきてください。

【新潟】SMASH go round「FUJI ROCK FESTIVAL ’17」

FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)は、1997年より開催されているフェス。毎年各地で行われるロック・フェスのはしりとして、多くのファンから愛されている国内最大規模のイベントです。

新潟の苗場スキー場で開催されるフジロックは、12万人以上の動員数と200組を超える国内外のアーティストが集結し、毎年熱烈な盛り上がりを見せます。

2017年の出演アーティストは、くるり、10-FEET、サンボマスター、THE BACK HORN、APHEX TWIN、LCD SOUNDSYSTEM、LORDE、GORILLAZ、THE LEMON TWIGSなどが現在発表されています。

人気の邦楽ロックバンドをはじめ、ポップスやジャズ、民族音楽に至るまで幅広いジャンルの音楽を楽しめるのがフジロックの特徴です。

複数のステージでパフォーマンスが行われるのですが、会場はまさに大自然のなか。天気が変わりやすく、雨が降ることがよくあります。3日間とも好天候に恵まれるとそれが話題になるほどですので、雨対策や防寒の備えはしっかりしておくことが重要です。

キャンプもできますが、駐車場やキャンプサイトを利用するためには専用のチケットが必要。入場券と併せて早めに計画・準備しておくことをオススメします。

「世界一クリーンなフェス」としても有名なFUJI ROCK FESTIVAL。出演者やスタッフだけでなく、参加者たちの心がけによってより良いイベントとなっているのです。フェスに参戦する際はマナーを守って白熱しましょう。

—————————————————
SMASH go round「FUJI ROCK FESTIVAL ’17」
日程:2017/7/28(金)・29(土)・30(日)
会場:新潟県湯沢町 苗場スキー場
公式サイト:http://www.fujirockfestival.com/
—————————————————

【茨城】rockin’on presents「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称ロッキン)は、日本最大級のロック・フェスの1つ。日本人のアーティストだけでフェスを行うというコンセプトのもと、2000年より茨城県の国営ひたち海浜公園で開催されています。

出演するアーティストは国内の音楽シーンをけん引するようなアーティストたちがずらり。話題の若手バンドから大御所まで6つのステージに分かれてパフォーマンスを行います。

2017年の出演アーティストは、Dragon Ash、KANA-BOON、きゃりーぱみゅぱみゅ、9mm Parabellum Bullet、ゴールデンボンバー、THE ORAL CIGARETTES、MONOEYES、KEYTALKなど。

邦楽にあまり詳しくない人も、聞いたことがある曲があちらこちらから聞こえてくることでしょう。

2016年の観客動員数は27万人。ロッキンはフェス慣れしていない人でも参加しやすいイベントで、天気が良い日は暑くなるけれど、木陰など休む場所も多くあり、トイレなども必要十分な数が設置されるなど、フェスに参加する人が快適に過ごせるよう環境が整備されているのです。

またロッキンは、モッシュやダイブといった危険行為を厳しく禁止しています。前列のほうはやはり激しくなるものの、邪魔にならない後ろのほうであればゆっくり見ることが可能。

テントスペースもあるので、テントの中でフェス飯をゆっくり堪能しながら音楽に耳を傾けるのもアリです。

注意すべきことは宿泊先。ロッキンの会場周辺には宿泊先が少ないので、日帰りでない場合はしっかり確認をしておきましょう。(日程も中1週間挟むので注意)

—————————————————
rockin’on presents「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」
日程:2017/8/5(土)・6(日)、11(金/祝)・12(土)
会場:茨城県ひたちなか市 国営ひたち海浜公園
公式サイト:http://rijfes.jp/
—————————————————

【千葉】「SUMMER SONIC 2017」東京公演

SUMMER SONIC(通称サマソニ)は日帰りでも参加しやすい都会型のフェスとして、東京と大阪で公演が行われます。東京公演は千葉のZOZOマリンスタジアムと幕張メッセが会場。

サマソニが始まった2000年当初は洋楽ロックがメインでしたが、最近ではジャンルを超えてたくさんのアーティストが出演。海外のアーティストが多いほか、邦楽やアイドルなど幅広い音楽性を持つフェスとなっています。

2017年の出演アーティストは、CALVIN HARRIS BLA、CK EYED PEAS、SUM 41、Fear, and Loathing in Las Vegas、FOO FIGHTERS、CHARLI XCX、POND、Nulbarichなど。

毎年世界的なアーティストやブレイク寸前の注目バンドが多数出演。今年はPIKO TARO(ピコ太郎)も出演します。

東京会場の動員数は2016年で12万人ほど。サマソニは都市型であると同時に、巡回型であるのが特徴。基本的に1日目・2日目で東京と大阪の出演アーティストが入れ替わり、2日間参加すると東京会場だけでもほとんどのアーティストを観ることができるのです。

サマソニはクルマで行く際は駐車場に限りがあるため、要注意です。公共交通機関の利用をお勧めします。

—————————————————
「SUMMER SONIC 2017」東京公演
日程:2017/8/19(土)・20(日)
会場:千葉県千葉市 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
公式サイト:http://www.summersonic.com/2017/
—————————————————

【山梨】SPACE SHOWER「SWEET LOVE SHOWER 2017」

SWEET LOVE SHOWER(通称ラブシャ)は1996年、日比谷野外音楽堂から始まりました。現在では山梨の山中湖交流プラザ きららで3日間の開催となっています。

音楽番組専門チャンネルのSPACE SHOWER TVが主催するフェスとして、邦楽を中心に様々なジャンルのアーティストが集結します。誰もが知っているような人気アーティストが多数出演するので、年代・性別問わずみんなが楽しめるイベントです。

2017年の出演アーティストは、エレファントカシマシ、THE ORAL CIGARETTES、
SHISHAMO、東京スカパラダイスオーケストラ、マキシマム ザ ホルモン、KANA-BOON、NICO Touches the Walls、WANIMAなど。

比較的小さな会場とステージ時間がかぶらないタイムスケジュールにより、思う存分ライブを楽しむことができます。

2016年の動員数は約5万人であったラブシャ。その魅力はなんといっても、会場から富士山を望めるところです。

世界文化遺産に囲まれたなかでの野外フェスはやっぱりひと味違います。会場はなんと標高1000m!気温の変化が激しく、とくに夜はしっかりとした防寒対策が必須です。

また宿泊する場合はキャンプ場を利用するほか、周辺には温泉などの施設もあります。音楽以外にも嬉しいポイントがたくさんありますので、どんなプランでイベントに臨むか、計画を立てていきましょう。

—————————————————
SPACE SHOWER「SWEET LOVE SHOWER 2017」
日程:2017/8/25(金)・26(土)・27(日)
会場:山梨県南都留郡 山中湖交流プラザ きらら
公式サイト:https://www.sweetloveshower.com/index.html
—————————————————

野外フェスに参戦して楽しい夏を過ごそう!

ぜひ参加したい野外フェスはありましたか? フェスは音楽性だけでなく、イベントごとにそれぞれの特色があります。音楽好きなら楽しめること間違いなし。友人や恋人と過ごせば、ひと夏の素敵な思い出になることでしょう。

会場に向かう途中、クルマの中でお目当てのバンドの曲を聴くワクワク感は堪りません。数時間後には、そのLIVEが聞けるのですから。

いざ行くと決めたならば、イベントを存分に楽しめるよう早めに計画・行動していくことをオススメします!

最新記事

人気記事