みんなで行こう 食いしん坊におすすめ!行楽シーズンに立ち寄るべき関東のSA/PA5選
  • みんなで行こう
  • 2017.06.06

食いしん坊におすすめ!行楽シーズンに立ち寄るべき関東のSA/PA5選

pixta_28674745_M

夏も近づいてくるこの時期は、いよいよ行楽シーズンとなります。休日・休暇を利用して友人や家族、恋人とクルマでお出かけする方も多いのではないでしょうか。

ドライブ好きにとっては運転そのものが楽しみのひとつですが、高速道路の長距離移動となるとドライバーも同乗者も疲れるもの。安全のためにも、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で適宜休憩をとることが重要です。

最近では特色のあるSA/PAが増えており、ショッピングモールなどの充実したサービスを提供する場所も。さらにご当地メニューや地域の名産品を食べることができ、SA/PAそのものが立派なグルメスポットになっているんです。

そこで今回は、名物メニューが人気の関東エリア周辺のおすすめSA/PAをご紹介します。お出かけの際にはぜひ立ち寄ってグルメを堪能しましょう!

1. 【埼玉】嵐山PA/関越自動車道(上り)

関越自動車道の上り線にある嵐山(らんざん)PA。長野や新潟から東京方面へ向かう際に通るPAですが、とにかく何でも“黒い”のが特徴。「ブラックシリーズ」としてテレビなどでも紹介されていますが、フードやお土産だけでなく建物そのものも黒いという徹底ぶりです。

人気のメニューも「ブラックソフトクリーム」。名前の通り黒いソフトクリームですが、味は濃厚エスプレッソ風味。

▼「ブラックソフトクリーム」

kaori_mさん(@kao32_84)がシェアした投稿

このソフトクリームがブラックシリーズの第1弾となったわけですが、考案された理由は高速道路らしく“眠気覚まし”。強い苦味がコーヒー好きにはたまりません。苦味が心配な方は、バニラと合わせたミックス味をぜひ。

お腹がすいている人は、嵐山PAの名物「ブラックカツカレー」をご賞味ください。ルーの黒は、なんと食用の竹炭パウダーによるもので、炭の吸着作用によって素材の美味しさが引き立ち、ミネラル成分も補給できるそう。

▼「ブラックカツカレー」

色もさながら味のほうも刺激的な辛口で、こちらも目が覚めそうです。

2. 【栃木】佐野SA/東北自動車道(下り)

東北自動車道の下り線にある佐野SAは、都心から那須・日光などへ向かう途中に通るポイント。ちょうど中間あたりなのでひと休みするSAとしてぴったりです。

佐野といえば「佐野ラーメン」。佐野市のゆるキャラ「さのまる」もラーメンの丼をかぶっているほどです。佐野ラーメンは青竹を使って打つちぢれ麺が特徴で、SA内には「青竹麺打ちコーナー」もあります。

透き通った醤油味のスープが魅力的な佐野ラーメンですが、中でもそれをさらに進化させた「とちぎもやしガッツリ!佐野ら~めん」がおすすめ。

▼「とちぎもやしガッツリ!佐野ラーメン」

栃木のもやし生産量は日本一。ボリュームアップした佐野ラーメンは満足できること間違いなしです。

「さのまる」は犬をモチーフとするキャラクターですが、佐野SAには「ドッグラン 愛犬広場」が設けられています。クルマで愛犬と一緒に移動する方は、SAで運転の疲れを癒すと同時にワンちゃんのストレスも解消できるのは嬉しいポイントですね。

▼ワンちゃんも気分すっきり

j_knaさん(@j_kna)がシェアした投稿

3. 【千葉】海ほたるPA/東京湾アクアライン(上り/下り)

東京湾アクアラインは東京湾を横断して、千葉の木更津と神奈川の川崎を結ぶ道。海ほたるPAは海上の橋梁と海底のトンネルの中間地点となる人工島です。

上下線ともに利用できる施設にはフードコートをはじめ、軽食・スイーツのお店からオーシャンビューのレンストランまで充実していて、何を食べるか決めるのが楽しくなります。

中でも房総産の新鮮な魚介を使った海鮮丼がイチ押し。また、木更津の名物である「あさり」を使った料理や「あさりまん」も見逃せません。

▼海鮮が美味しい

海ほたるPAの魅力はグルメだけではありません。海上にあるPAならではの眺望は一見の価値あり。運転の疲れも吹き飛ぶことでしょう。水平線を望むことのできる屋外の展望デッキは、記念撮影にぴったりなフォトスポットです。

そして暗くなれば夜景スポットに。東京湾の上を流れていくクルマの光を眺めていると時がたつのも忘れそうになります。足湯を楽しめる施設もあるので、海ほたるPAはドライブデートでも十分な目的地となりますね。

▼幻想的な夜景

エトさん(@aurora_c.a.t)がシェアした投稿

4. 【群馬】横川SA/上信越自動車道(上り)

上信越自動車道の上り線にある横川SAは、自然に囲まれた日本らしい雰囲気のSAです。かつての信越本線を走っていたレトロな車両が展示された「メモリアルコーナー」では、車内に入ってくつろぐこともできます。

ここで食したいのは、その信越本線の駅弁として人気だった「峠の釜飯」。山間部ならではの、山や里の食材をたくさん使った釜飯です。SA内には群馬・長野の野菜を購入できる野菜市場もあり、釜飯の弁当と一緒にお土産にするのもアリです。

▼「峠の釜飯」

釜飯が有名な横川ですが、ボリュームが足りない! という方は「メガトンランチ」にチャレンジしてみてください。合計700グラムのライス・チキンライスの上にオムレツとハンバーグが乗り、カレーがかかった大食い向けのB級グルメです。

▼「メガトンランチ」

その後にクルマに揺られることを考え、くれぐれも無理はしないようにご注意を。食後にはこだわりの「パールソフトクリーム」もおすすめですよ。

5. 【神奈川】海老名SA/東名高速道路(下り)

海老名というと大型ショッピングモール「EXPASA海老名」がある上り線のSAが有名ですが、下り線のSAにも魅力がいっぱい。立地的にも、東京を出て南方面への観光地へ行く際に寄りやすいSAです。

実は下り線の海老名SAは利用者数・売り上げが日本一。「うまいもの横丁」では屋台のような雰囲気のお店が多数出店しており、縁日のような雰囲気の中でB級グルメが堪能できます。

中でも一番人気が「ぽるとがる」のメロンパン。テレビで紹介されることもよくあり、ここへ寄ったら食べるべき一品です。外側のサクサクした歯ざわりと内側のふんわりした柔らかさは、一度食べたらハマります。

▼「ぽるとがる」のメロンパン

@1229snoopy0420がシェアした投稿

海老名SAにはほかにも思わずつまみたくなるようなフードがたくさん。カルビーキッチンではホクホク「ポテリこ」や揚げたてのポテトチップス、東京ミルクチーズ工場では海老名限定の「Cow Cow Ice(カウカウアイス)」など、男性も女性も満足できること間違いなし。

▼「ポテりこ」と「Cow Cow Ice」

海老名SAでは上り線・下り線ともに「ぷらっとパーク」が整備されており、一般道からも施設に入場できるようになっています。高速道路を使用しない場合でも気軽にグルメやサービスを満喫できるので、近くを通った際はぜひお立ち寄りください。

SA/PAでおなかは満足。気分もリフレッシュ!

高速道路の各所にあるSA/PAはグルメや特色のあるサービスが目白押しで、ただ休憩所として利用するだけではもったいないくらいです。ご当地ならではメニューはもちろんのこと、テレビでも度々紹介されるほどの人気商品もたくさん。高速道路を利用する機会があれば、ぜひご賞味ください。

お出かけの道中、車内で友人や家族・恋人と過ごす時間は楽しいものです。長距離ドライブの際は、適度にSA/PAで休憩をとりましょう。グルメに舌鼓を打ちつつ、ほっとひと息。しっかりリフレッシュして、また快適なドライブを楽しんでくださいね。

最新記事

人気記事