みんなで行こう 都内からクルマで3時間!自分で温泉が掘れる!長野県の奥地にある変わり種温泉「切明(きりあけ)温泉」の魅力に迫る!
  • みんなで行こう
  • 2016.03.08

都内からクルマで3時間!自分で温泉が掘れる!長野県の奥地にある変わり種温泉「切明(きりあけ)温泉」の魅力に迫る!

切明温泉

日本には、数え切れないほどたくさんの温泉があります。すべての都道府県に温泉が存在しているため、日本人にとって温泉は、小さな頃から慣れ親しんだ文化であることは間違いありません。

「温泉大好き!」
「温泉最高!」
「温泉に入るとホッとする!」
「温泉は日本人の心だね!」

こんなふうに思う人が多いことでしょう。

でも、どこの温泉も同じような感じで、何だか物足りない……。あまり大きな声では言えないけれど、本当はそんな気持ちになってしまったこと、ありませんか?

温泉に刺激を求めたい、そんな方に、今回は「変わり種温泉」をご紹介します!その温泉は、長野県の山奥にある野湯「切明(きりあけ)温泉」。ここでは、なんと自分で温泉を掘って、自分専用の自然の露天風呂作りを楽しむことができちゃうんです!

自然そのままの温泉!秘湯「野湯」がワイルドすぎる!

山を登ること30分。川の秘湯を発見。霧島の立入禁止エリア。 #秘湯 #野湯

ほそけんさん(@kenhoso)が投稿した写真 –

自分で温泉を掘ることができる「切明(きりあけ)温泉」は、「野湯」というジャンルに分類される温泉です。 「野湯」は「秘湯」の一種。「秘湯」とは一般的に、山奥や岬の突端など、交通の便が悪く、人の往来に乏しい場所に隠れるように存在する穴場的な温泉地のことを言います。 中でも、「野湯」は、その源泉を利用した旅館やホテルなどの商業施設がなく、さらに敷居などもなく、温度や泉質を調整していない温泉のことを指します。

秋田県 川原毛大湯滝上の湯 #野湯 #秋田 鈴木さん(@dankosuzu)が投稿した写真 –

いわば、手つかずの自然そのままの温泉!その環境は実にワイルドで、ジャングルや川の一部と化している「野湯」も!また、硫化水素の濃度が強すぎて、ガスマスク無しでは浸かることができないところもあるそうです!

スコップを使って自分専用の自然の露天風呂を作れば、雄大な自然までも独り占めした気分に!

自然の醍醐味を体中で味わうことができる野湯「切明(きりあけ)温泉」は、長野県の奥地とはいえ、都心からクルマで3時間ほど走れば着く場所にあります。ガスマスクは必要ありませんので、ご安心を! 中津川渓谷の河原から温泉が噴き出しているので、スコップを使って川底を掘り、自分専用の自然の露天風呂を作りましょう!さながら、秘密基地を作っているような気持ちになって、子どもの頃にタイムスリップしたような感覚に! ただ、56度の源泉掛け流しの温泉のため、そのまま浸かると熱すぎるかもしれません。川の水を上手に引き入れて、好みの温度に調整しましょう!

中津川のせせらぎ。巨大な夫婦岩。自分専用の手作り露天風呂を取り囲む自然の雄大さは圧巻です。自分で温泉を作り上げた達成感と昂揚感で、目の前に広がる大自然まで独り占めしてしまえたような嬉しい錯覚を覚えることでしょう。 ちなみに、「切明(きりあけ)温泉」の泉質は、カルシウム、ナトリウム、塩化物、硫酸塩泉。効能は、筋肉痛、関節痛、打ち身、慢性消化器病、外傷、火傷、婦人病、神経痛、痔疾などです。 いつもの温泉がアクティビティーに!長野の大自然が、温泉好きのあなたを待っている!

いかがでしたか?今回は、「変わり種温泉」として、自分で温泉を掘って自分専用の自然の露天風呂を作ることができる「切明(きりあけ)温泉」をご紹介しました。

温泉は好き。でも、ただ浸かるだけでは、もう満足できない!という方は、ぜひ、足を運んでみてください。いつもの温泉に、アクティビティーの要素が加わって、ご家族で、カップルで、大いに楽しめることでしょう。そんな魅力的なスポットが、都内からクルマで約3時間の場所にあるのです。これは行かなきゃ、もったいない!

現地に向かう道中、クルマから見える景色も一見の価値ありです!また、季節によって、連なる山はその表情を変えるので、何度行っても飽きることがありません。ただし、運転中に絶景に夢中になってしまって、わき見運転をしないよう、くれぐれもご注意ください。途中、サービスエリアなどで適度に休憩をはさみながら、ゆっくりと深呼吸でもして、長野の自然が育んだおいしい空気を堪能しましょう!

長野の大自然が、温泉の新しい楽しみ方を用意して、温泉好きのあなたを待っています!

【切明(きりあけ)温泉】
住所:長野県下水内郡栄村堺切明
クルマでのアクセス
関越自動車道塩沢石打ICから約90分

最新記事

人気記事