みんなで行こう 阿修羅の流れから図書館まで!インスタに載せたい、東北絶景ドライブスポット10選
  • みんなで行こう
  • 2017.04.04

阿修羅の流れから図書館まで!インスタに載せたい、東北絶景ドライブスポット10選

pixta_23999384_S

日本全国の絶景ドライブスポットを紹介していく、アルパインDriveゼミナールの人気企画「Instagramに載せたい絶景ドライブスポット」。第6弾を迎える今回は、東北地方を巡ります。

東北と言えば、秋田県のなまはげや青森県のねぶた祭といった伝統行事が有名。北海道と合わせて北日本と呼ばれることから、東北エリアは“雪国”というイメージを持っている人も多いかと思います。

しかし東北には、冬だけではなく年中楽しめる絶景スポットがたくさんあるんです。

今回はその中でも迫力満点な大自然の風景、歴史を感じられる古きよき日本の風景、癒される美しい風景など、特におすすめしたいスポット10選を紹介します。InstagramにUPしたくなるスポットがあったら足を運んでシャッターを切ってみてください。

前回特集した関東の絶景ドライブスポットはコチラから!

▼近畿を楽しみ尽くす絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instakinki/
▼中国地方を楽しみ尽くす!Instagramに載せたい絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instachugoku/
▼四国を楽しみ尽くす!Instagramに載せたい絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instashikoku/
▼九州を楽しみ尽くす!Instagramに載せたい絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instakanto/
▼【連載企画】関東を楽しみ尽くす!Instagramに載せたい絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instakanto/
▼みんなのいいね! を独り占め♡ Instagramに載せたい関東の絶景ドライブスポット10選
http://www.alpine-driveseminar.com/drive/id_instagram_kanto/

Instagramに載せたいドライブスポット【東北編】目次

迫力満点!マイナスイオンに浸れる大自然の風景
<秋田県>十和田湖
<福島県>塔のへつり
<青森県>奥入瀬渓流
歴史を感じられる古きよき日本の風景
<宮城県>松島
<福島県>鶴ヶ城(若松城)
<岩手県>中尊寺
<山形県>宝珠山立石寺
気分をリフレッシュ!美しい・かわいい癒しの風景
<秋田県>千秋公園
<岩手県>盛岡城跡公園
<青森県>旧弘前市立図書館

【秋田県:十和田湖】深呼吸をしたくなる大自然に囲まれた瑞々しい風景

暮れて行く十和田湖。 乙女の像は体型が乙女じゃない。豊満熟女だよ。 #十和田湖 #乙女の像

アキラ師さん(@playboyakira)がシェアした投稿 –

青森・秋田の両県にまたがるように位置する十和田湖。「深呼吸したくなるような十和田湖」というキャッチコピーがあるように、湖のバックには広大で瑞々しい自然が広がっています。

朝靄の中と太陽に照らされた昼間、そして星空を映す夜とで別々な顔を見せ、絶え間なく変化を続ける十和田湖。すべて写真に収めたら一冊のアルバムができるくらい多様な魅力を秘めています。

シンボルの「乙女の像」を入れたアングルで撮影すれば、思い出の1枚に。

【福島県:塔のへつり】ハッと息を呑むような大迫力な「へつり」の集合体

#塔のへつり#吊り橋#めっちゃ怖い

@xxhide728xxがシェアした投稿 –

「へつり」とは地元の言葉で断崖のこと。塔のような断崖が立ち並ぶことから、「塔のへつり」という名前が付けられたそうです。

迫力満点な現在の景観は、百万年の歳月の中で浸食と風化を繰り返した結果できたもの。吊り橋より高い展望台から、大川の対岸にかかる橋と断崖の光景を一望できます。

1年を通して、緑、赤、白銀へと色彩を変える木々と特殊な形状の崖という大パノラマ。InstagramにUPしてみんなの注目を集めちゃいましょう。

【青森県:奥入瀬渓流】美しい木漏れ日の下、広がる神秘的で繊細な世界

十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、青森県で数ある名所の中でも特に有名な景勝地。山道は、夏には新緑、秋には紅葉の美しいトンネルに包まれます。

おすすめの写真のスポットは、水霧に光の筋が浮いて神秘的な雰囲気を醸す銚子大滝。この他にも多くの見所があり、撮影者それぞれ十人十色のショットが撮れます。

中でも「阿修羅の流れ」は、テレビや雑誌等のメディアでも頻繁に紹介されており、休日には写真を撮る人でにぎわう絶景スポットとなっています。

野鳥やカモシカなどの動物と出くわすこともあるので、写真を撮りたい人はスマートフォンやカメラの準備には気を抜かないように。

【宮城県:松島】松尾芭蕉も認める、日本の心に沁みる景勝地

この地を訪れた松尾芭蕉が「松島や ああ松島や 松島や」と詠んだことで有名な松島。

海に浮かぶたくさんの島々を一望でき、写真を撮る上でもおすすめしたいスポットが四大観。四大観は、大高森、富山、多聞山、扇谷の4つの高峰から成ります。

写真は、大高森から撮られたもの。松島の形状を箱庭のように見られる壮観が特徴です。この地点から見る松島湾の日の出は格別なので、1泊して朝一番のショットを撮るのもよいですね。

4つの方面からはそれぞれ松島の風景がガラリと印象を変えるので、お時間のある人はいろいろな大観を巡ってみてください。

【福島県:鶴ヶ城(若松城)】赤瓦が美しい会津若松のシンボル的存在

《My favorite cassette .》 Tsurugajo castle. Spring is come,flower will bloom. ・ ・ 2011年8月、見上げた青空と鶴ヶ城を撮影した一枚です。 ・ ・ 大好きな街、会津若松。 震災の年、復興を願うわらじ祭りお手伝いの為に訪れた夏から、6年が経ちました。 ・ ・ 早くまた会津に、福島にゆきたいなと、 今日の様に晴れた空が気持ち良い日には感じています。 その日まで、今日は僕にとって大切な大切な一枚、この写真を。 ・ ・ 理不尽な不幸が訪れてもそれを跳ね返す、人の想いの強さを教えてくれた 福島の、東北の皆さんの平穏を、心より祈っています。 ・ ・ 花は、咲く。 きっと良い日になりますように。 ・ ・ #sky #雲 #空 #cloud #会津若松 #鶴ヶ城 #photo #Japan #日本 #春よこい #花は咲く

Yusuke.iさん(@ushiwaka1021)がシェアした投稿 –

会津若松市のシンボル、鶴ヶ城。戊辰戦争では約1カ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城です。難攻不落といわれ、大地震にも耐え抜いた丈夫な石垣と、上品な赤瓦の屋根が特徴。

青空をバックに、春は桜とともに、凛と佇む鶴ヶ城の姿を撮るのがおすすめです。色鮮やかな赤瓦が写真栄えし、美しい1枚が撮れるはず。

周辺には、御薬園や茶室麟閣といった風情のある観光スポットがあるので、そちらにも立ち寄るとより一層楽しめるでしょう。

【岩手県:中尊寺】身の引き締まる空気感!奥州藤原氏縁のお寺

#tokyocameraclub #写真好きな人と繋がりたい #中尊寺 #中尊寺本堂 #世界遺産 #東京カメラ部

OBI(尾陽唯一さん(@slowhand_photo)がシェアした投稿 –

天台宗東北大本山である、長い歴史を持つ中尊寺。奥州藤原氏初代の清衡公が合戦で亡くなった命を供養する目的で造営・発展させたことでも有名です。

中尊寺には、国宝である金色堂をはじめたくさんの見所がありますが、中でも撮影スポットとしておすすめしたいのは寺の中心となる堂塔である、本堂。

ここは中尊寺の法要が行われる重要な場で、厳かな雰囲気の中、これまで刻まれてきた寺の歴史を感じることができます。

歴史の教科書にも載る奥州藤原氏や源義経の縁の地「平泉」を五感で感じながら撮影できるのは、中尊寺ならではの楽しみです。

【山形県:宝珠山立石寺】階段を登りきった先にある”感動”の眺望!

慈覚大師が開いた宝珠山立石寺、通称「山寺」。国指定重要文化財の根本中堂のほか、さまざまな塔や建物が立てられています。

「山寺」の特徴は、その名のとおり山の中にあること。そのため、絶景スポットを見るためには登山をすることが必要です。

そのひとつ五大塔(写真)からの眺めは、1015段の石段を登った人にしか見られません。運動不足の人は息切れ必至。それでも美しい眺望を見るために多くの観光客が訪れます。

そんなレアな絶景スポット、SNSに載せたらみんなの注目を集めること間違いなし!山登りが好きな人で、写真を撮ることが好きな人はぜひ挑戦してみてください。

【秋田県:千秋公園】四季折々、色とりどりの草花が堪能できる空間

久保田城跡を利用して造園された千秋公園。春には桜、冬には雪景色といった四季折々でさまざまな顔を見せます。

最大の魅力は、園内に植えられた植物の種類が豊富なこと。アカマツ、ウメ、コナラ、サツキツツジ、ソメイヨシノ、フジ、ユズリハ。名前を挙げきれないほど充実しています。

さまざまな草花に囲まれながら心に留まった景色や花、草木を写真に収めましょう。

【岩手県:盛岡城跡公園】不来方(こずかた)の空が映し出された絵画の世界

「不来方(こずかた)の お城の草に 寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」
と、石川啄木が詠んだことで有名な不来方城の城跡に作られた公園。不来方とは、現在の岩手県盛岡市を指し示す言葉です。

ベストショットが撮れるスポットとして紹介したいのは、中津川から水を引いているふたつの池。西を「亀ケ池」東を「鶴ケ池」といいます。

池に沿って植えられた木々と透き通るような空が水鏡に映し出され、まるで絵画のような美しい景色に癒されます。「空に吸はれ」るような不来方の空をこのように堪能できるのは盛岡城跡公園だけです。

【青森県:旧弘前市立図書館】「かわいい!」思わず叫びたくなる旧図書館

明治39年に建てられた歴史ある市立図書館。実際に昭和6年まで図書館として利用されていました。

八角形の双塔と赤い半円の屋根、正面のドーマー窓などが特徴。ルネッサンス様式の木造モルタル3階建で、中に足を踏み入れると小さな小学校のような内装になっています。近代洋風建築の遺構として、平成5年に青森県重宝に指定されています。

周囲から浮き出したような世界観に魅了されてしまいます。SNSに載せたら、「かわいい!」と話題になるスポットです。

まとめ

気になる観光地や景色があったでしょうか?

季節にとらわれず、さまざまな魅力を発信する東北地方から、これからもますます目が離せません。

「実際に写真を撮りたい!」「仲間を誘ってドライブに行きたい!」という気持ちになったスポットがあったら、ぜひ足を運んでみてください。

そして、お気に入りのショットを撮ったら、Instagramに載せて仲間にも感動をお裾分けすることも忘れずに。

最新記事

人気記事