みんなで行こう 童心にかえって遊び尽くせ!関東オススメのフォレストアドベンチャー4選
  • みんなで行こう
  • 2016.11.01

童心にかえって遊び尽くせ!関東オススメのフォレストアドベンチャー4選

shutterstock_245034304

大人も楽しめる本格的なアスレチック施設として話題になっているのが、『フォレストアドベンチャー』。

樹木の上に設けられた足場をロープや吊り橋をつたって渡ったり、ジップスライドで滑り降りたり、森の中の“冒険”を楽しめるスリル満点のアウトドアアクティビティです。

フォレストアドベンチャーって?

1997年にフランスで始まった「自然共生型アウトドアパーク」の名称です。語源は『La foret de l’aventure』(直訳すると“冒険の森”)ですが、日本では親しみやすい英語の呼び方で広がっています。
 
【ルール】
「自分の安全は自分で守る」こと。専用の安全具をつけて自分自身で判断して進むからこそ、真剣に遊ぶことができます。
 
【コースのタイプは3種類】
小さい子ども向けの『キャノピーコース』、親子でも楽しめる『ディスカバリーコース』、大人にオススメの『アドベンチャーコース』。標準的なコースで40前後のアクティビティがあり、所要時間は2〜3時間ほど。
 

真夏とは異なり、森の凜と澄んだ空気が心地いい季節。全身運動でもあるフォレストアドベンチャーは、実は秋から冬にかけた季節のが最適。友達同士で競い合うのもよし、恋人と力を合わせてゴールを目指すのもよし、その楽しみ方は自由自在です。

そこで今回は、一度は行ってみたいフォレストアドベンチャーをご紹介すると同時に、フォレストアドベンチャーに行くついでにクルマで立ち寄るとより楽しい、周辺のスポットも合わせてご紹介します。いざ、森の冒険へ!

【山梨県 フォレストアドベンチャー・フジ】日本第一号!森を再生させたアスレチックパーク

fuji
出典:http://fa-fuji.foret-aventure.jp/

2006年、富士山麓につくられた日本第一号のフォレストアドベンチャー! かつてここは荒廃した森……しかし、きちんと手をかけて森を蘇らせることで、画期的なアスレチックパークへと生まれ変わりました。

アドベンチャーコースは5サイト43アクティビティ。高い木々を渡り歩くスリリングな冒険と、森の間から顔を覗かせる富士山を同時に味わえます。

その他にもレーザー銃を使ったサバイバルゲーム「レーザータグ」や、BMX、スケートボードなどを使う新感覚スポーツ「パンプトラック」などもあり、様々なアクティビティを楽しめます。

フォレストアドベンチャー・フジ
住所:山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1
電話番号:090-3345-0970
予約:https://fuji.foret-aventure.jp/reserve/#/ja/agreement
クルマでアクセス:中央自動車道・河口湖ICから約10分

参考:http://fa-fuji.foret-aventure.jp

■富士のふもとで目一杯遊んだら、世界遺産「富士山」を学ぼう

fujisan
出典:http://www.fujisan-whc.jp/

2016年6月にオープンした『山梨県立富士山世界遺産センター』。ここは、「文化」を中心に展示する南館(有料)と「自然」を中心にする北館(無料)からなる施設です。豊かな自然を体で感じたあとは、世界遺産に登録された富士山の文化的価値を学んでみてはいかがでしょう。

山梨県立富士山世界遺産センター
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1
電話番号:0555-72-0259
参考:http://www.fujisan-whc.jp

【山梨県 フォレストアドベンチャー・こすげ】日本唯一!里山を見渡せるジップスライド

kosuge
出典:http://fa-kosuge.foret-aventure.jp/

最大の魅力は、なんといっても「里山ジップスライド」。ビル4~5階に匹敵する高さ15メートルから、森を飛び出しての137メートル大滑走!多摩川源流にあたる小菅村の美しい景色を眺めながら、清々しい風と一体になれます。

また、壁をよじ登る「ボルダリング」や、ロープを使った木登りの「ツリーイング」など人気のアクティビティも充実。多彩な遊び方を楽しめるのも『フォレストアドベンチャー・こすげ』の魅力です。

フォレストアドベンチャー・こすげ
住所:山梨県北都留郡小菅村3445
電話番号:080-4857-7406
予約:https://kosuge.foret-aventure.jp/reserve/#/ja/agreement
クルマでアクセス:中央自動車道・大月ICから約30分

参考:http://fa-kosuge.foret-aventure.jp/

■温泉+お買い物で大満足!

kosugenoyu
出典:http://kosugenoyu.jp/

『フォレストアドベンチャー・こすげ』は、温泉施設『多摩源流 小菅の湯』に隣接しているので、冒険で流した汗をさっぱり洗い流せます。

さらに『道の駅 こすげ』にも面しているため、小菅村産の野菜をはじめとした地元食材も存分に堪能できます。お土産が充実しているのも嬉しい!

多摩源流 小菅の湯
住所:山梨県北都留郡小菅村3445
電話番号:0428-87-0888
参考:http://kosugenoyu.jp/

【千葉県 ターザニア】日本最長!445メートルの空中滑走

tarzania
出典:http://fa-tarzania.foret-aventure.jp/

6サイト55のアクティビティを備える『ターザニア』。なかでも特に人気なのが、日本最長445メートルを誇るロングジップスライド。「スカイバレー」と名付けられたエリアの滑降は想像以上の爽快感が味わえます。思わず雄叫びをあげちゃうかも!?

網に向かってダイブする「ターザニアスウィング」や、高所の小さな足場を一歩一歩進む「タートルブリッジ」などスリル満点のチャレンジアイテムも充実。森の大冒険を攻略すれば、気分もすっかりターザンに!

ターザニア
住所:千葉県長生郡長柄町味庄東台1067
電話番号:0475-35-0071
予約:http://www.tarzania.jp/information/index.html
クルマでアクセス:圏央道・茂原北ICから約10分

参考:http://www.tarzania.jp

■「健康とスポーツ」を心ゆくまで

resol
出典:https://www.seimei-no-mori.com/

『ターザニア』は、健康・スポーツをテーマにした複合施設『リソル生命の森』リゾート内にあります。総面積330万平方メートル、東京ドーム70個分の広大な敷地には、テニスコートやプール、フィットネス、レストランなどが設けられているので、日々の喧騒を忘れて泊りがけで遊び尽くせます!

リソル生命の森
住所:千葉県長生郡長柄町上野521-4
電話番号:0475-35-3333
オフィシャル:https://www.seimei-no-mori.com/
参考:http://www.nta.co.jp/kokunai/kanto/chiba/seimeinomori/

【神奈川県 フォレストアドベンチャー・箱根】全国最難関!箱根だけのチャレンジコース

hakone
出典:http://fa-hakone.foret-aventure.jp/

都心からのアクセスがよい箱根につくれられたフォレストアドベンチャー。箱根湯本の自然をのんびりと……と思いきや、全国に十数ヶ所ある同施設のなかでも一番難しい!と噂されるほどの難コースです。

さらに、2014年に誕生したクライミングウォール「クリフチャレンジャー」は、約7メートルの壁に11のルートが設置され、初心者の方からボルダリング経験者まで楽しめる人気のアクティビティ。箱根でしか体験できない挑戦をぜひ!

フォレストアドベンチャー・箱根
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本字茶の花749-1
電話番号:080-4219-2206
予約:https://hakone.foret-aventure.jp/reserve/#/ja/agreement
クルマでアクセス:小田原厚木道路・箱根口ICから約10分

参考:http://fa-hakone.foret-aventure.jp

■お腹も心も満たされる箱根

hakoneyuryou
出典:http://www.hakoneyuryo.jp/

近隣施設には、手ぶらで行けてワンランク上のBBQを味わえるバーベキューテラス『Wimpy』や、ゆったりとした時間が流れる古民家風の里山温泉『箱根湯寮』もあるので、難関コースを攻略したあとのご褒美に。遊・食・癒、三拍子そろった箱根をご堪能あれ!

箱根バーベキューテラス Wimpy
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本740
電話番号:0460-85-5135
http://www.herofield.com/bbq/wimpy/

箱根湯寮
住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4
電話番号:0460-85-8411
http://www.hakoneyuryo.jp/

まとめ

フォレストアドベンチャー最大の特徴は、その土地特有の森をそのままアスレチックに活かしていること。フォレストアドベンチャーは全国に20箇所ありますが、一つとして同じ森はありません。針葉樹、広葉樹、竹林など、いろいろな場所のフォレストアドベンチャーをめぐってみると、日本の森の豊かさも再発見できます。

また動きやすい服装であれば、気軽に手ぶらで行ってもすぐに遊べるので、ドライブがてらふらっと立ち寄るのもいいでしょう。

子どもの頃に木登りをしたワクワク感や、自然と触れ合った充実感。童心にかえって、無邪気な冒険に出かけてみませんか。

最新記事

人気記事

    Sorry. No data so far.