知る楽しみ デロリアンや007の愛車が買える!?映画でも大活躍した実際に購入できるクルマ9選
  • 知る楽しみ
  • 2016.03.10

デロリアンや007の愛車が買える!?映画でも大活躍した実際に購入できるクルマ9選

shutterstock_116279278

アクション映画などの主人公達が乗っているクルマに憧れたことはないでしょうか。
猛スピードで疾走し、激しいカーチェイスを繰り広げる映像は、クルマ好きならドキドキが止まらないほど興奮するはず!

架空の物語である映画にも、実在するクルマが数多く登場しているため、実際に映画の登場人物と同じクルマや最新モデルを購入することも可能です!

今回、アルパインDriveゼミナールからは、特にカーアクションが印象的な9本の映画から、実際に購入することができるクルマを選んでみました。

超高級車から、手が出る価格帯のものまで。映画の予告編や特別映像と合わせてご覧下さい!
 

DMC-12 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「タイムマシン」と聞けば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するデロリアンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ベースとなっているのが、実在するDMC-12というクルマ。無塗装のステンレスボディと、ガルウイングのドアが特徴的。たった2年しか製造・販売されなかったにも関わらず、映画の影響で強烈なインパクトを残している名車です。

なんと、このDMC-12、2017年に限定300台で再生産されることが決定しています。
価格は10万ドル(約1,000万円)と高額ですが、クルマ好き、映画好きの人にとってみれば、たまらない1台です!

デロリアン・モーター・カンパニー公式HP(英語)
 

アストンマーティン DB10 『007 スペクター』

これまで7人の俳優が演じ、世界中で愛されているスパイ、007ことジェームズ・ボンドは、これまで数多くの高級車に乗り、激しいカーアクションを繰り広げてきました。

2015年12月4日に日本公開された最新作『007 スペクター』でボンドが乗るのは、この映画のために作られたアストンマーティン DB10。残念ながら、このモデルが一般販売されることは現在のところ未定ですが、『スペクター』の公開を記念して、DB9 GTボンド・エディションという限定モデルが150台限定で販売されています。

価格は165,000ポンド(約2,700万円)。007の気分になるには、かなり高い買い物をしないといけないみたいです。仮に購入できたとしても、高級車で街中をカーチェイスするのは、高度な訓練を受けたスパイにしかできないので、絶対に真似をしないようにしましょう。

アストンマーティン公式HP
 

BMW 735i 『トランスポーター』

プロの運び屋フランクの活躍を描くカーアクション映画の『トランスポーター』。シリーズは3作まで制作され、ドラマ化、リブート化された人気作です。

シリーズ1作目でフランクが乗るのは、BMW735iの特別仕様車。
フランスの市街地を縦横無尽に走り回りますが、フランクのドライビングテクニックは非常にスマート。派手でアリながら、華麗なカーアクションが見所。

フランクと同じBMW735iは残念ながら現在販売はされていませんが、現行モデルのBMW 7シリーズは11,970,000円で購入することが可能です。

BMW公式HP
 

プジョー 406 『TAXi』

フランスのマルセイユを舞台にしたカーアクション映画の『TAXi』。
スピード狂のタクシードライバーのダニエルが乗っているのはプジョーの406を改造したタクシー。ボタン1つでレーシングカー使用に変形するギミックと、ダニエルのテクニックが男心にグッと来ます!

劇中で登場するプジョー406の後継機である400シリーズは、現在中国で購入することができますが、日本では取り扱っていません。
国内ではプジョー 508が3,723,000円で購入することができます。白のプジョー 508に乗ってTAXi気分を味わってみては!?

プジョー公式HP
 

ダッジ・チャージャー 『ワイルド・スピード』

大人気カーアクション映画の『ワイルド・スピード』。数多くの名車や高級車が登場しストリートレースを繰り広げる人気シリーズ。

中でも、シリーズでも何度も登場しているドミニクの愛車である第1世代のダッジ・チャージャーは、圧倒的な存在感を放っています。
最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』のラストに登場する68年式のダッジ・チャージャーがアメリカのノースカロライナ州にあるRKモータースにて販売されています。価格は189,900ドル。

『ワイルド・スピード』の世界観に酔いしれるのもいいかもしれませんが、60年代アメリカで大ブームとなった「マッスルスーパーカー」を体感するのにも最適な1台です。

RKモータース 公式HP(英語)
 

シボレー カマロ 『トランスフォーマー』

大型トラックや高級車、軍用機などが変形して壮絶なバトルを繰り広げる『トランスフォーマー』シリーズ。実在するクルマなどが変形して戦う様は少年の時のワクワク感が蘇ります!

CGで描かれた金属生命体たちの手に汗握る戦闘シーンも魅力的ですが、実際のスポーツカーを使って撮影されているカーアクションシーンも忘れてはいけません!

主人公のボディーガードを務めるバンブルビーは、シボレーの黄色いカマロに変形。
現行モデルのシボレー カマロは4,680,000円から購入可能で、もちろんカラーリングにはイエローがラインナップされています。
これで変形すれば完璧ですが、いまのテクノロジーでは再現できそうにないので、遠い未来のカマロに期待しましょう。

シボレー 公式HP
 

フォード マスタング 『60セカンズ』

50台の超高級車をたった1晩で盗むカーアクション映画の『60セカンズ』。
劇中「エレノア」というニックネームで呼ばれる1967年製のシェルビー マスタングGT500が、最後の1台として登場。夜明けの市街地を駆け抜ける、ど派手なカーチェイスで活躍したクルマです。

撮影用に制作されたレプリカのシェルビー GT500がオークションに掛けられた際は、約1億円という価格で落札されたという逸話があるほど!

流石に撮影で使用されたシェルビー GT500には手が届きませんが、マスタング50周年記念モデルは2,660,000円から購入することができます。
現行モデルなので現代的なデザインですが、かつてのマスタングの遺伝子が随所に盛り込まれている1台です。

フォード 公式HP
 

ミニクーパー 『ミニミニ大作戦』

高級車やスポーツカーが活躍するだけがカーアクション映画ではありません!
小型でかわいらしいデザインで有名なミニクーパーが街中を駆け抜ける映画が『ミニミニ大作戦』。

地下鉄や下水溝の巨大パイプの中を走り抜けるアクションシーンは、ミニクーパーだからこそできる芸当。

激しいアクションはしなくても、小型で日常の足として使うことができるので、日本でも人気のあるクルマで、現行モデルのMINI 3 DOORが2,660,000円から購入可能です。

MINI 公式HP
 

フィアット500 『ルパン三世 カリオストロの城』

『ルパン三世』の劇場作品の中でも、あの宮崎駿監督の映画初監督作品としても有名で、特に人気のある『カリオストロの城』。あの名台詞を思い浮かべてしまいますが、アクションシーンも宮崎駿監督ならではの演出が光っています。

数多くのクルマに乗ってきたルパンですが、『カリオストロの城』人気から、荷物を満載したクリームイエローのフィアット500Fを連想する人も多いはず!

小さくかわいらしい外観ですが、劇中ではトリッキーでアクロバティックな走行をしたり、崖を登ったりと激しいアクションを見せてくれます!

現行モデルのフィアット500には残念ながらクリームイエローのカラーは用意されていませんが、1,998,000円の価格帯から展開されている人気のクルマです。

フィアット 公式HP
 

映画で活躍した“あのクルマ”で主人公の気分を味わおう!

映画の登場人物たちが乗っていたクルマに、実際に乗れば自分も映画の中に入ったような感覚になります。

高級車には、なかなか手が出ませんが、中には日常的に使われている大衆車が活躍する作品もたくさん!
お気に入りの映画で主人公が乗っている愛車を運転するというのも、クルマを楽しむ1つのポイントではないでしょうか。

*記載している内容は取材時のものです。
*金額は税込表示です。
*イベントの開催情報や施設情報は変更になる場合があります。ご利用の際は、事前にご確認の上お出かけください。

最新記事

人気記事

    Sorry. No data so far.