知る楽しみ 高い品質の秘密は”おもてなしの心”にあり!アルパイン小野町工場に行ってみた【前編】
  • 知る楽しみ
  • 2016.10.04

高い品質の秘密は”おもてなしの心”にあり!アルパイン小野町工場に行ってみた【前編】

dsc_3921_fotor

”おもてなし”とは、心を込めて人を歓待し、接遇すること。その言葉通りにお客様はもちろん、地域の方や従業員までもおもてなしをする場所があります。

福島県田村郡小野町にある「アルパインマニュファクチャリング株式会社」。通称「おもてなし工場」と呼ばれるこの小野町工場の工場長、秋山幸示さんにお話を伺いました。

「ものづくりはひとづくり、ひとづくりはこころづくり」―小野町工場が実践する、「桁違い品質」

dsc_3865_fotor

―それではまず、小野町工場の沿革を教えてください。

秋山工場長:この小野町工場はもともとチューナーの工場として誕生したのですが、現在は車メーカー様向け製品やアルパインの主力商品である車種専用カーナビの『BIG X』の生産を行っております。
 
最新製品『BIG X “11”』は世界最大サイズ*の11インチという大画面が特徴です。(*2016年5月12日時点)
 
これらの製品を生み出していく上で私たちが目指しているのが「桁違い品質」です。「桁違い品質」とは、従来の製品とは桁違いに良い品質という意味です。

―その「桁違い品質」を達成するにあたって取り組んでいることを教えてください。

日常の業務で「変だな、おかしいな」という気づきは、問題における氷山の一部でしかないと捉えて、小さい問題でもそのままにせず、改善していくことが重要です。
 
ひとつひとつ丁寧に。品質を担保して、当たり前のことを当たり前にやる。これが1番難しいんですが、こうした積み重ねが「桁違い品質」を達成する土台になっていると思います。
 
dsc_3685_fotor
(「変だな、おかしいな」といった気づきを工場全員で出し合って、そこであがった問題を改善。小野町工場は改善提案だけでなく改善の実施率も高いという。)
 
その上で、「ものづくりはひとづくり、ひとづくりはこころづくり」をキーワードに、社員の「こころづくり」に力を入れています。
 
社員一人ひとりが仕事にやりがいを持って、たくさんのことを周囲の人や仕事から学びながら楽しく働けるような環境をつくることが私の仕事です。
 
きっとこの工場を見学していると、そのための仕掛けをたくさん発見できると思いますので、お楽しみに。

お客様だけでなく、地域社会へも広がる”おもてなし”の輪

%e5%b7%ae%e6%9b%bf%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%88%b0

―その他に工場として積極的に取り組んでいることはありますか?

秋山工場長:地域社会との交流にも積極的に行っています。小中高生の見学や職業体験、高専生や大学生のインターンシップも積極的に受け入れています。
 
近隣の小中学校には、出前授業も行っています。つい最近では、社員が近隣小学校に足を運んでスピーカーから音が出る仕組みなどを解説する授業を行いました。

 
%e5%b7%ae%e6%9b%bf%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%88%aa
―なぜ学校に足を運んでいるのでしょうか?

それは子どもたちが未来のお客様であり、未来の職場の仲間になるかもしれないからです。それに子どもたちへ授業をするとお礼状が届くんです。
 
そのお礼状がうちの社員の励みにもなり、何より子どもたちと一緒に彼らの未来を考え、作っていくことにやりがいを感じています。
 
学校だけでなく、従業員の子どもを対象とした職場体験も実施しています。やはり家族がいての会社ですから、親が働いている場所を見てもらって将来の「仕事」に関して考えてもらう機会になればと思っています。

向き不向きよりも前向きに。未経験でも”ものづくり”の世界に飛び込んで欲しい。

―小野町工場では、新入社員や未経験者への教育制度が充実していると聞きました。こうした社員への教育制度について聞かせてください。

秋山工場長:新入社員や未経験からの入社でも活躍できるようOJTはもちろん、Off-JT(職場外訓練)の対応も充実しています。公的資格の勉強会やそのための教材のフォロー、海外の工場などに留学に行くこともできます。
 
特に公的資格や関連資格の取得に関しては、工場をあげて補助をしています。
dsc_3856_fotor
(工場内には資格別に合格者が貼り出されています!)
 
新製品の立ち上げのための企画会議などにも若い人がどんどん参入しています。
 
またジョブローテーションを行いつつ、本人の希望に沿った部署異動なども多いです。
 
やはり、彼らが次の世代を担っていくので若い内から様々な経験をさせてやりたいと思っているんです。
 
だからうちでは教えることはあまりありません。もちろん基本的なことは教えますが、教えられて仕事をするというよりも、一人ひとりに考えて仕事をしてもらうことが多いですね。

―ものづくりの世界にこれから飛び込もうとする方に対して、何かメッセージはありますか?

未経験の方だと「ものづくりの世界は経験がないと…」と敬遠してしまう方も多いのですが、興味があってやってみたいならとにかくまずはこの世界に飛び込んでみて、がむしゃらにやってみてほしいですね。
 
向き不向きよりも前向きに。好きなことを突き詰めて、達成したときの喜びが大きいのがこの仕事のやりがいですから。たとえ未経験でも経験者でも、この仕事を楽しめてがむしゃらに突っ走れる方と仕事がしたいです。

工場に関わるすべての人への”おもてなし”

”おもてなし”という言葉は本来、顧客に使われる言葉ですが、この小野町工場ではその言葉をお客様、地域、見学に訪れる方々、従業員といった工場に関わるすべての人々に対して使われているように感じました。

続く後編では、小野町工場を見学。製品へのこだわりとおもてなしがたくさん詰まった工場内部の様子をご紹介します。

*記載している内容は取材時のものです。
*イベントの開催情報や施設情報は変更になる場合があります。ご利用の際は、事前にご確認の上お出かけください。

最新記事

人気記事